本文へスキップ

灰皿名入れ倶楽部は名入れを専門とする陶器会社です

(運営会社 伊東商店)

〒509-5401 岐阜県土岐市駄知町342-4

デザインの色の参考例(1)

A-101  A-401 デザインの色の参考例(2)

デザインの色(1)とデザインの色(2)の色は印刷会社の色です。(1)と(2)の色をまぜて使うことはできませんが同じような色を使うことはできます。

A-401とA-101の場合の転写紙の色及び焼き付けた場合の色比較例(黒灰皿のデザイン色は黒っぽくなるか見えません)

A-401(黒灰皿)の場合は顔料を盛りますので細い線はつぶれるか、消えます。
モニター、プリンター等によって色の見え方は違ってみえますのでここにある色をそのままでるとは思わないでください。
注意1)顔料が金系ですので、デザインによっては転写紙代がUPする場合があります。
注意2)顔料を盛りますのであまり細い線はつぶれるか消えます。

黒灰皿は見えない色がほとんどです。黒灰皿のデザイン色は黒っぽくなります。

赤色(注意2)

黒っぽい赤色
黒赤
黒ぽい赤色
黒っぽい赤色
少し黒ぽい赤色
少し黒ぽい赤色
普通の赤色
普通の赤色(金赤)

朱赤(オレンジぽい赤色)


オレンジ色(注意2)

朱赤
朱赤
オレンジ色
普通のオレンジ色
薄めのオレンジ色
薄めのオレンジ色
濁ったオレンジ色
濁った橙色
 


ピンク系の色 *鮮やかなピンク色は色がでません

マロン色
マロン色(注意1)
えんじ色
えんじ色(注意1)
濃いピンク色
濃いピンク色
少し濁ったピンク色
少し濁ったピンク色

黒生地対応ピンク色(黒灰皿はパープルぽい色になります)
   


紫系の色

一番濃い紫色
一番濃い紫色(注意1)
一番濃い青紫色
一番濃い青紫色(注意1)



イエロー系の色

普通の黄色
普通の黄色
レモンイエロー
レモンイエロ
山吹色
うすめの山吹色 
  濁った薄いオレンジ色
濁った山吹色
肌色
濃いクリーム色(肌色)
クリーム色
クリーム色


緑系の色

深緑色
深緑色(少し青ぽい感じ)
濃い緑色
濃い緑色
濃い緑色
濃い緑色(少し薄い)
少し濃い緑色
少し濃い緑色
緑色
>緑色(C:100 Y:100)の場合
黄緑色
黄緑色
鶯色
鶯色(すこし濁った緑色)

気持ち青ぽい緑
濁った緑色
少し濁った緑色
濃い青緑色
濃い青緑色


紺・青色系の色

黒ぽい紺色
黒ぽい紺色
濃い紺色
濃い紺色
紺色
紺色
藍色ぽい紺色
藍色ぽい紺色
少し明るい紺色
少し明るい紺色
明るい紺色明るい紺色
青色
C:100の青色の場合
サックス色
水色(サックス)の場合
黒生地対応青色
黒灰皿対応青色場合
(2011.4月弊社独自に調合)
濁った紺色
濁った青色(グレーが少し混ぜてあります)

海碧色(群青色)


焦げ茶・茶色

黒っぽい焦げ茶
黒っぽい焦げ茶
(黒10%入り)
濃い濃いこげ茶色
濃い濃い焦げ茶色
(黒5%入り)
濃い焦げ茶
濃い焦げ茶
焦げ茶色
焦げ茶色
薄い焦げ茶色
薄い焦げ茶色
 茶色
茶色
   


黒・グレイ系の色

黒色
黒色
濃いグレー色
濃いグレイ色(黒の80%位)
少し濃いグレー色
少し濃いグレー色(黒の70%位)
薄い灰色
薄い灰色(少し青ぽいく感じます)


金・銀の色(注意3)

金色
金色



銀色
銀色
黒灰皿の場合、感覚的に色が少し沈みます、はっきりしたい場合には雲母銀をお勧めします。

注意1) 顔料が金系ですので、デザインによっては転写紙代がUPする場合があります。
注意2) 顔料を盛りますのであまり細い線はつぶれるか消えます。
注意3) 金色や銀色は、普通の色に比べて早く薄くなったり、傷がついたりします、必ず手洗いでお願いいたします。

色の名前は弊社がHP上で区別するためにつけたものです。


雲母系の色(注意2)

下記は黒灰皿 用の周年記念などのお勧め、裏底に表には見えないように名入れするのがお勧め.
欠点 表面がざらざらしてますので掃除がしぬくいです。

雲母金の特徴はこちら

雲母金(偽金)
雲母金
黒生地の雲母金は写真よりもう少しはっきり見えます。
白生地はお勧めではありません。
デザインの顔料部分はマット(艶なし)でザラザラしています。
雲母銀(偽銀)
雲母銀
白生白生地ほとんどは見えません。
線が細いと白っぽく見えます。
デザインの顔料部分はマット(艶なし)でザラザラしています。




デザインの参考例(2)へ