本文へスキップ

灰皿名入れ倶楽部は名入れを専門とする陶器会社です

(運営会社 伊東商店)

〒509-5401 岐阜県土岐市駄知町342-4

デザインの色の参考例(2)

デザインの色の参考例(1)  A-101 A-401  デザインの色参考例(1)

デザインの色(1)とデザインの色(2)の色は印刷会社の色です。(1)と(2)の色をまぜて使うことはできませんが同じような色を使鵜ことはできます。

A-401とA-101の場合の転写紙の色及び焼き付けた場合の色比較例(黒灰皿のデザイン色は黒っぽくなるか見えません)

A-401(黒灰皿)の場合は顔料を盛りますので細い線はつぶれるか、消えます。
モニター、プリンター等によって色の見え方は違ってみえますのでここにある色をそのままでるとは思わないでください。
注意1) 顔料が金系ですので、デザインによっては転写紙代がUPする場合があります。
注意2) 顔料を盛りますのであまり細い線はつぶれるか消えます。

黒灰皿は見えない色がほとんどです。黒灰皿のデザイン色は黒っぽくなります。


赤色(注意2)

黒い赤色
黒い赤色
濃い赤色
濃い赤色(えんじ色ぽい)

少し濃い赤色
金赤
普通の赤(金赤)・深い赤色
少し明るい赤色
少し明るい赤色
朱赤
朱赤(オレンジぽい赤色)
鉄赤
鉄赤色
   


オレンジ色(注意2)

少し濃いオレンジ色
少し濃いオレンジ色
オレンジ色
普通のオレンジ色
薄めのオレンジ
薄めのオレンジ


黄色

山吹色
山吹色
イエロー
一般的な黄色
からし色に近い色
辛子色
黄土色
黄土色
 


マロン色、エンジ色 (注意1)

濃い目のマロン色  
顔料が金ですのでなかなか色見本ができません      

うすめのマロン色

ピンク色ぽいマロン色


M:100指定の場合の色

 M:100のピンク色
M:100の色です。黒っぽいピンク色になり明るさがありません。現物の色は写真より黒っぽいです。
 -  -


ピンク色

一番濃いピンク色
一番濃いピンク色
普通のピンク色
普通のピンク色
 
下記は黒生地対応のピンク色です、黒灰皿はパープルぽい色になります(注意2)
黒灰皿対応ピンク色
黒生地用ピンク(濃)(注意2)
黒灰皿
黒生地用ピンク(中)
黒生地対応ピンク色
黒生地用ピンク(淡)


紫色(注意1)

紫色
一番濃い紫色


緑色

深緑色
深緑(少し青ぽい感じの濃い緑色)
モスグリ−ン
濃緑(モスグリーン)(注意2)
クリスマスに良く使われる緑色です。
濃い緑色
緑色
緑色(C:100 Y:100)
注意2)
少し濃い黄緑色
少し濃い黄緑色(C:80 Y:100)
注意2)
黄緑色
黄緑色(C:60 Y:100) 
注意2)
老緑 老緑(少し濃いめのオリーブグリーン) ヒワ茶
濃いヒワ

草色
草色

濁った緑色
濃い濁った緑色
グリーングレー
灰色がかったみどり
濃い青ぽい緑
濃い青ぽい緑色(注意2)
青ぽい緑色
少し青ぽい緑色 
  青緑色
明るい青緑
青緑
薄い青緑 


紺色・青色

濃い瑠璃色
一番濃い瑠璃色
紫ぽい青色
少し紫ぽい紺色
ブルブラック
濃紺(ブルーブラック)
注意2)
渋めの紺色
しぶめの紺色

普通の紺色
普通の紺色

うすめの紺色
薄目の紺色
   
濃い青色
少し濁った少し濃い青
( 画面で見るより濁っています)
注意2)
少し濃いサックス色
少しサックスぽい青色(注意2)
サックスブルー
サックスブルー(注意2)
濃いブルーグレー
注意2)
ブルーグレー
グレーがかったブルー
ブルグレー
明るいブルーグレー


焦げ茶・茶色

黒っぽい焦げ茶
黒っぽい焦げ茶
   
濃い焦げ茶
濃い焦げ茶
焦げ茶
焦げ茶
うすめの焦げ茶色
うすめの焦げ茶
茶色
茶色
   
赤茶
赤茶
グレーがかった焦げ茶
グレーぽい焦げ茶
焦げ茶
チョコレート色ぽい焦げ茶
黄土色ぽい茶色
黄土色ぽい茶色
  肌色ぽい薄茶
肌色ぽい薄茶
薄茶
薄茶
うすい薄茶
うすい薄茶色
枯葉のような薄茶色
枯葉のような薄茶色


黒色・グレイ色(少し茶ぽい感じ)

黒色
黒色
黒っぽいグレイ色
黒っぽいグレイ色(見た目は黒色)
一番濃いグレイ色
一番濃いグレイ色
濃いグレイ
濃いグレイ
濃いグレー色
中間のグレイ色
薄いグレイ色
薄いグレイ色
グリーングレイ
グリーングレイ
ウォームグレイ
ウォームグレイ(ベージユぽいグレイ)
 
グレイ色も灰色も同じ言葉なのですが、ここではあえて分けてあります。濃い灰色は濃いグレイ色となります。グレイ色は少し茶色ぽく見えます、灰色は青ぽく見えます。


灰色(青ぽい感じ)

濃い灰色
濃い灰色


中間の灰色
中間の灰色


薄いグレイ色
少し濃い灰色(少し青ぽく見えます

    薄い灰色
薄い灰色


黒生地対応灰色

黒灰皿対応灰色
黒生地対応灰色(1)(注意2)
黒灰皿グレー色
黒生地対応灰色(2)(注意2)
 


白色(黒生地対応)白1色のみの場合に使用

黒灰皿対応白色
黒灰皿対応白色(白1色の場合)
注意
デザインが白色を含んで複数色ある場合は、もう少し薄い白色になります。この白色は、他の色があるとクリームぽい色に変色するため。


金色、銀色

金色 シルバー色
黒灰皿の場合、感覚的に色が少し沈みます、はっきりしたい場合には雲母銀をお勧めします。
デザインやロゴが金色や銀色の場合、顔料の使用量によって転写紙の値段が決まります。
金の顔料は値段が真ん中のハーフマットの顔料を使用いたします。


雲母金(偽金)、雲母銀(偽銀)

 雲母金や雲母銀の表面はざらざらしています。なおかつ艶はありません。
 雲母金や雲母銀についての特徴はこちら
雲母金
雲母金(偽金)
(注意2)
雲母銀
雲母銀(偽銀)
デザインの線が細いと白っぽく見えます。(注意2)
                     

(注意1) この色の顔料は金が多分に含まれていますので、デザインにこの色がたくさん含まれていると転写紙代がUPいたします。
(注意2) 絵の具の顔料を盛って色をだしますので細い線や細い隙間は切れるかつぶれる場合があります。
 
色の名前は弊社がHP上で区別するためにつけたものです。



デザインの色参考例(1)