本文へスキップ

灰皿名入れ倶楽部は名入れを専門とする陶器会社です

(運営会社 伊東商店)

〒509-5401 岐阜県土岐市駄知町342-4

下白とは

商品リスト(5)ガラス灰皿 


下白とは

量販店や雑貨屋さんなどで売っている絵のついているグラスやタンブラーなどは色をきれいにだすために、赤や青色の下に白色がしいてあると思います。裏から見ればすぐわかります。これは色をきれいにだすために白の上に色を印刷してあります。
ガラスは透明ですので色が透けやすいため、色がきれいにでるように【下白】の上に色がのっています。
下白があると白色が1版増えます。それだけ値段も高くなります。また細い線などは下白はできません。なぜなら印刷時にずれてしまい、白が見えるためきれいではありまぜん。
基本的にこのサイトでは下白はいたしません。御希望のお客様はお申し出ください。ただしデザインに白色がある場合には、できる限り下白を入れるようにいたします。
ガラス灰皿は裏底にデザインを貼り600度で焼き付けます


金や銀色、線が細い場合はした白はできません。


内底


ガラス灰皿
 内底をみる。
 ガラスの場合、白色は1色増します。

 長所 色がきれいにででる。
 欠点 1色増える、よく乾かさないとピンホールができる、急ぎの場合は不向き、まれに印 刷連れなどがあり、白い部分がロゴからはみだす。







裏底を見る

ガラス灰皿



 たまに印刷づれを起こす場合がある。









商品リスト(5)に戻る